さけみ眼科
Home 当医院のご案内 施設紹介 医師紹介 関連医療施設
 
白内障について
多焦点眼内レンズによる白内障手術について
糖尿病網膜症について
緑内障について
アレルギー性結膜炎について
近視、遠視、乱視、小児眼科について
〒359-1161
埼玉県所沢市狭山ヶ丘 1-2994-5
Tel&Fax 04-2947-4382
糖尿病網膜症について
目の奥には、網膜という光を感じる膜があり、ここに多くの毛細血管があります。糖尿病になると血液の粘性が高くなり、血管をつまらせたり血管壁に負担をかけます。そのため網膜への酸素や栄養が不足するようになり、眼底出血や硝子体出血などを引き起こす糖尿病網膜症になっていきます。現在、日本における失明原因の第一位は糖尿病網膜症です。悪くなると元に戻るのが難しくなるため、早期発見早期治療が失明を防ぐ、重要なポイントになります。
矢印 病気分類
 
矢印 治療法
糖尿病網膜症の発症率グラフ
病気分類
  糖尿病網膜症は進行の程度により単純、前増殖、増殖の三段階に分類されます。
 
分類 眼底所見 自覚症状
 
注意 単純網膜症
網膜の小出血、
毛細血管瘤、
硬性白斑(蛋白質・脂肪の沈着)、
糖尿病黄斑浮腫(黄斑部の浮腫)
眼底画像 全くない
やや危険   前増殖網膜症
網膜の細小血管拡張・閉鎖・
走行異常、
軟性白斑(硬性白斑の進行)、
糖尿病黄斑浮腫(黄斑部の浮腫)
眼底画像 ほとんど
ない
危険   増殖網膜症
新生血管の発生、
硝子体出血、
網膜剥離、
糖尿病黄斑浮腫(黄斑部の浮腫)
眼底画像 軽度から
高度の
視力低下、
ときに失明
  ページのトップへ戻る
 
治療法
  眼科専門医で精密眼底検査を受け、ご自分の病期がどの状態であるのかを理解し、その病期にあった治療を早期に受けることが大切です。
 
  網膜症の治療法
 
単純網膜症
(注意)
内科的な血糖のコントロールが治療の第一です。それとともに止血剤や血管拡張剤などの内服薬を投与して、経過観察を行います。
前増殖網膜症
(やや危険)
新生血管の発生を防ぐために「レーザー光凝固術」を行います。この時期を逃さないことが、治療のポイントとなります。レーザー光凝固は入院せずに外来でできます。
増殖網膜症
(危険)
ここまで進行すると光凝固法での治療は難しく、外科的な硝子体手術が行われます。硝子体の濁りや網膜剥離は 60〜70% が治りますが、完全な視力の回復は難しいのが現状です。
糖尿病黄斑浮腫
(危険)
網膜の黄斑部の浮腫を取るために、ステロイド(マキュエイド®)やVEGF抗体(ルセンティス®)を硝子体注射します。30Gの細い注射針を使用し、直接眼に注射します。そのため、手術室にて滅菌状態で行います。注射をすることにより浮腫が軽減し、視力はある程度の改善が期待できますが、完全に元に戻ることは難しいです。
 
  精密眼底検査の目安
 
網膜症のない人 line 6ヶ月に1回
単純網膜症の人 line 3〜4ヶ月に1回
前増殖網膜症の人 line 1〜2ヶ月に1回
増殖網膜症の人 line 2週間〜1ヶ月に1回
ページのトップへ戻る
copy right(c), Sakemi Eye Clinic. All rights reserved