さけみ眼科
Home 当医院のご案内 施設紹介 医師紹介 関連医療施設
 
白内障について
多焦点眼内レンズによる白内障手術について
糖尿病網膜症について
緑内障について
アレルギー性結膜炎について
近視、遠視、乱視、小児眼科について
近視
遠視
乱視
小児眼科について
〒359-1161
埼玉県所沢市狭山ヶ丘 1-2994-5
Tel&Fax 04-2947-4382
近視、遠視、乱視、小児眼科について
近視 矢印近視・遠視、乱視、小児眼科について
  近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態です。近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こります。日本人は、眼軸の長さが長いために近視になることが多いようです。
 
   正視
 
正視では、近いところを見るときは点線のように水晶体がふくらみ、網膜にピントが合います。 眼球画像
   眼軸の長さが長すぎる場合
 
眼軸の長さが長すぎると、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても、網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。このような近視を軸性近視(じくせいきんし)と呼びます。多くの方の近視は軸性近視です。 眼球画像
   角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合
 
角膜・水晶体の屈折力が強すぎると、遠くを見たときに網膜上でピントが合いません。網膜の手前でピントが合ってしまいます。このような近視を屈折性近視(くっせつせいきんし)と呼びます。 眼球画像
  近視の矯正
  近視の人の矯正は、眼鏡やコンタクトレンズを用いて行われるのが一般的です。単純近視の場合は眼鏡をかければ正常の視力まで矯正できます。眼鏡やコンタクトレンズを作る場合は、眼科の先生に目の病気や異常などを検査してもらい、適切な眼鏡やコンタクトレンズを処方してもらいましょう。なおレーシック手術をご希望の場合は、お気軽にご相談ください。
   近視の矯正方法
 
近視の矯正には凹レンズを使います。凹レンズは焦点(ピントが合う点)を遠くにする働きがあり、近視の人が適切な度の凹レンズをかけると、網膜にピントが合って遠くがよく見えるようになります。
  眼球画像
   眼鏡について
 
近視は、日常生活に支障を来さなければ、すぐに眼鏡をかけなければならないということはありません。黒板の字が見えにくくなるというような不都合が生じてきたら眼鏡をかけてください。 また、黒板や遠くを見るときなど必要に応じてかければよいのです。眼鏡をかけたりはずしたりしても、近視の度が進むようなことはありません。
 
   コンタクトレンズについて
 
コンタクトレンズは、装着が目立たないことから眼鏡をかけたくない人に好まれています。左右の視力に差がありすぎて眼鏡が使えない場合でも矯正でき、眼鏡のように曇ったりせず、視野が広くなるという優れた点があります。しかし、慣れるまでに時間がかかる、異物感がある、角膜を傷つける場合があるといった欠点があります。現在は、いろいろなタイプのコンタクトレンズがあり、使いすても多くなりました。使用するときは眼科の先生と相談の上、決めましょう。
 
   近視の治療について
 
近視は、眼の形からくることが多いため、手術によりその焦点の位置を変えることが最も効果的治療です。手術的方法には、エキシマレーザーによる「角膜切除術」(角膜の中心部分を削る方法)のPRKやLASIKなどがあります。 当医院においても屈折矯正手術のご相談をお受けしております。治療を受ける場合は、十分説明を聞いて納得してから受けてください。
 
矢印近視・遠視、乱視、小児眼科について 矢印次へ
ページのトップへ戻る
copy right(c), Sakemi Eye Clinic. All rights reserved