さけみ眼科
Home 当医院のご案内 施設紹介 医師紹介 関連医療施設
 
白内障について
多焦点眼内レンズによる白内障手術について
糖尿病網膜症について
緑内障について
アレルギー性結膜炎について
近視、遠視、乱視、小児眼科について
近視
遠視
乱視
小児眼科について
〒359-1161
埼玉県所沢市狭山ヶ丘 1-2994-5
Tel&Fax 04-2947-4382
近視、遠視、乱視、小児眼科について
遠視 矢印近視・遠視、乱視、小児眼科について
  遠視の場合(屈折異常)
 
1. 目に入ってきた光は眼軸が短いため、調節を休ませたとき、網膜の後ろにピントが合ってしまいます。   眼球画像
2. 遠いところや近いところを見る場合、より多くの調節をし、網膜にピントを合わせることになります。 眼球画像
 
  遠視だと困ること
 
子供の場合、遠視であっても調節力が強いため、症状が現れない場合が多いのですが、軽度の遠視でも年をとるにつれ、また強度の遠視になると次のような症状が現れます。
絶えず目の調節を必要とするため目とからだが疲れやすく、集中できないため学習や仕事の能率があがらない。
  遠視の度が強くなると、内斜視(*1)になったり、視力の発達がまだ不十分な小児の場合、弱視(*2)になったりする。
 
 
*1内斜視 強度の遠視では、はっきり見るために余分な調節が必要なので、目が寄ってきて内斜視になります。
*2弱視 強度の遠視では、調節の努力をしてもピントが合いにくくなります。小児では、この状態のまま、矯正しないでおくと視力の発達が止まって弱視になります。
 
矢印戻る 矢印次へ
ページのトップへ戻る
copy right(c), Sakemi Eye Clinic. All rights reserved