さけみ眼科
Home 当医院のご案内 施設紹介 医師紹介 関連医療施設
 
白内障について
多焦点眼内レンズによる白内障手術について
糖尿病網膜症について
緑内障について
アレルギー性結膜炎について
近視、遠視、乱視、小児眼科について
近視
遠視
乱視
小児眼科について
〒359-1161
埼玉県所沢市狭山ヶ丘 1-2994-5
Tel&Fax 04-2947-4382
近視、遠視、乱視、小児眼科について
物が見える仕組み
  目に入ってきた光は、角膜と水晶体を通り屈折して、網膜に像が写し出されます。目はピントを合わせるために、毛様体(もうようたい)により水晶体の厚さを調節しています。また、虹彩(こうさい)により光の量も加減します。
 
  目の水平断面図
 
  フィルム上に写る像も網膜に写る像も上下左右が逆さまになっています。フイルムの場合は反転させることにより正しい方向にします。目の場合は脳が逆さまになった像を正常とみなすように慣らされているので、正しい方向で見えるように感じます。
 
次へ
ページのトップへ戻る
copy right(c), Sakemi Eye Clinic. All rights reserved