さけみ眼科
Home 当医院のご案内 施設紹介 医師紹介 関連医療施設
 
白内障について
多焦点眼内レンズによる白内障手術について
糖尿病網膜症について
緑内障について
アレルギー性結膜炎について
近視、遠視、乱視、小児眼科について
〒359-1161
埼玉県所沢市狭山ヶ丘 1-2994-5
Tel&Fax 04-2947-4382
緑内障について
緑内障は何らかの原因で視神経が傷害され視野(片眼で上下左右の見える範囲)が狭くなっていく病気です。この病気の主な原因のひとつに、眼圧の上昇があります。現在日本において、40歳以上の方の17人に1人は緑内障というデータがあります。緑内障は、初期ではほとんど自覚症状がなく、人間ドックなどで発見される方がほとんどです。視力低下などの自覚症状が出るのは、緑内障末期になってからです。発見時期が遅いと一度傷害された視神経は回復しないため、失明にいたる場合もあります。早期診断早期治療が非常に大切な疾患ですので、40歳以上の方は、定期的に緑内障の検診を受けてみられることをお勧めします。
矢印 緑内障の種類
 
矢印 緑内障の治療
  資格障害の進行
※右眼で表示しています
 
初期 中期 末期
初期 中期 末期
実際には両目でカバーしたり、目を動かしたりするために気づかない事が多い。
目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。自分自身で異常に気づくことはあリません。
暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。
視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。さらに放置すると失明に至ります。
 
  眼底写真
 
正常眼 緑内障
  正常眼に比べて、緑内障眼は乳頭の陥凹(へこみ)は大きく、輪郭もいびつになっています。
  ページのトップへ戻る
緑内障の種類
 

緑内障の種類
原発開放隅角緑内障


房水(目の中で循環している水)の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇してゆくために、ゆっくりと病気が進行してゆく慢性疾患です。
正常眼圧緑内障

眼圧は正常範囲内であるにもかかわらず、緑内障になる場合があります。開放隅角緑内障の一つに分類されています。日本人の緑内障の約半数がこのタイプです。

緑内障の種類
原発閉塞隅角緑内障


目の形のために隅角が狭くなり、ふさがってしまうために房水の流れが妨げられて眼圧が上昇します。慢性型と、急性型があります。
その他

生まれつきの緑内障である先天緑内障、子供の時期から発症する発達緑内障、ほかの病気や薬のために起きる続発緑内障などがあります。
 
  ページのトップへ戻る
 
緑内障の治療
  緑内障の治療は、病気の進行をくい止めるためのものであり、傷害された神経を元に戻すためのものではないことを十分ご理解ください。
 
 
薬物療法

眼圧を下げるために、房水の産生量を減らしたり、流れを良くするためにまず点眼薬からはじめます。最初は1種類ですが、症状により種類を増やすことがあります。また点眼薬で効果が不十分な場合は、内服薬を使うこともあります。
 
レーザー治療

レーザー光線を虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進します。比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。
 
手術療法

房水の流れを妨げている部分を切開し流路を作って房水を流れやすくする方法や、毛様体での房水産生を押さえる方法などがあります。緑内障の手術はあくまでもが病気の進行をくい止めるためのものであり、傷害された神経を元に戻すためのものではないことを十分ご理解ください。ですから、手術によって視力が元に戻るわけではありません。
ページのトップへ戻る
copy right(c), Sakemi Eye Clinic. All rights reserved